直葬ってどんな葬儀?

直葬の費用相場

直葬の費用相場の写真

葬儀を北区で行う場合は、北区での家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニーがオススメ。北区の葬儀社グランドセレモニーのHPはこちら
https://www.grandsougi.co.jp/index_kita-ku.html

直葬は一般的なお葬式に比べて費用が大幅に抑えられます。一般的な葬儀の平均的な費用は200万円ですが、直葬は20~30万円程度で行うことができます。葬儀社によっては10万円で葬儀を行うことができると宣伝しているところもありますが、この価格には必要な物品やサービスがすべて含まれているわけではなく、追加料金が発生しますので、事前に確認する必要があります。直葬は費用が安いと言われています。実際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。直葬の費用は20万円~30万円程度と言われています。最近では、もっと安い価格で提供している葬儀社もありますが、その安い価格に必要な物品やサービスが含まれていないこともあるので注意が必要です。その場合、追加料金が発生してしまい、結果的に相場以上の価格になってしまうこともあります。

直葬に必要な物品やサービスは以下の通りです。

直葬にかかる費用の内訳

直葬を行う際に必要な費用の項目を見ていきましょう。必要な項目を知ることで、葬儀社が示した費用を客観的に判断できるようになります。

寝台車による交通費

病院から安置所までの搬送と、安置所から火葬場までの搬送の2回分の費用が必要になります。送迎の相場は2~3万円程度ですが、距離や時間帯によっては追加料金が必要になる場合があります。また、運転手に謝礼を渡したい場合は、その料金も必要になります。

霊安室施設の料金

ご遺体を自宅に安置しない場合は、葬儀社の遺体安置所であれば1日5,000円~30,000円程度、民間の遺体安置所であれば10,000円程度の遺体安置所施設の利用料がかかります。

ドライアイスの使用料

火葬までご遺体を保存するためのドライアイスの費用です。安置所に冷蔵設備がない場合に必要になります。ご遺体を安置所で保管する期間によって使用量は変わりますが、通常は1日1万円程度です。

棺、骨壷、花など

棺の価格は様々で、安価なものでは1万円程度のものもありますが、一般的には3~6万円程度が一般的です。棺桶にはサイズや素材、仕様など様々な種類があります。骨壷の費用は5,000円~20,000円程度です。

火葬料金

火葬の料金は、公立火葬場と民間火葬場で異なり、地域によっても異なります。公営火葬場では数千円~5万円、民間火葬場では5万円~15万円となっています。また、火葬場によっては休憩室の使用料が必要なところもあるので、事前に確認しておきましょう。公営の場合は1万円まで、民間の場合は2万円前後が相場です。

葬儀場スタッフの人件費

直葬の場合でも、出棺・火葬を行うには葬儀社のスタッフが必要になります。

手続きにかかる費用

死亡届の提出や火葬許可証の受け取りなど、火葬の手続きを葬儀社に代行してもらいたい場合は、代行料が必要です。葬儀社によって料金が異なるので、事前に確認しておきましょう。