名称 扇散蒔絵色紙箱 (おおぎじらしまきえしきしばこ)
時代 江戸時代 19世紀
寸法 縦24.4cm 横22.4cm 高さ5.2cm
作品解説 黒漆塗に菊、もみじ、松、水などを金、銀の高蒔絵で散らした扇面に見事に描いています。扇の骨の部分に金の薄板(金貝)を使って一段と装飾効果を高めています。蓋、身の内側全面に金梨地で仕上げて、特に蓋裏には同様の扇面蒔絵があります。現在では人間国宝といわれる人たちでもこれだけの蒔絵を描く人はいないでしょう。資料としても大変貴重な漆芸品です。

このウィンドウを閉じる